ローコストで安心を!30代から本気で見直す医療保険選び

人気には訳がある!保険ショップで契約するのがベストな4つの理由

「保険ショップ」で契約するのがベストな理由とは?

保険相談をする夫婦

 

近年、保険を契約する方法は多様化していて以下のようなものがあります。

 

  • 保険会社の営業マンから
  • まちの「保険ショップ」から
  • FP(ファイナルプランナー)から
  • インターネット契約

 

これらの中でベストなのは「ほけんの窓口」などに代表される「保険ショップ」を利用する方法です。

 

最近は保険もネット契約が広まりつつありますが、一見手軽に思えてもトータルで考えれば保険ショップで対面にて契約するほうが確実に安心です。

 

その意外と気づけないメリット、デメリットとは何でしょうか?

 

 

今、広まる「保険ショップ」とは?

 

保険といえば、これまでは各保険会社の保険営業マンやセールスレディー(いわゆる保険のおばちゃんなど)を通じて契約するのが一般的でした。

 

しかし、個人情報の扱いや接触機会の減少などにより従来の保険セールスは難しくなりつつあります。

 

そんな中、近年登場して広まりを見せているのが複数の保険会社の商品を取り扱う「保険ショップ」です。

 

保険ショップとは、「ほけんの窓口」「保険見直し本舗」「保険クリニック」「みつばち保険ファーム」などに代表される新しいかたちの来店型保険サービスです。

 

この保険ショップには様々なメリットがあり人気となっています。以下に挙げます。

 

身近で通いやすい

現在、保険ショップはどんどん広がっており全国に2000店舗以上が展開しています。ショッピングセンターや駅前など身近な場所を中心に展開しているため、その利用しやすさがひとつの魅力となっています。

 

複数の保険会社の商品を取り扱っている

各保険会社の営業マン、セールスレディは、基本的に一社の保険商品しか取り扱えません。しかし保険ショップは20〜30社の保険商品をまとめて代理販売する乗り合い代理店です。

 

これにより、あなたに一番あった保険商品が選びやすくなっています。

 

例えば当サイトでは医療保険はオリックス生命の「新キュア」をおすすめしていますが、保険ショップならどこでもこれを扱っているので相談や見積もり、契約までができますし、他社の医療保険との比較も気軽に行うことができます。

 

対面で無料相談ができる

保険ショップはどこも無料相談を行っています。無料相談は何度でも受けられますので「まずは話を聞いてみたい」という気軽な動機からでも利用することができ、無理な勧誘をされることもありません。

 

無料相談は土日祝日でも利用することができて便利です。

 

アフターフォローが充実

コールセンター

 

ネット契約との最も大きな違いであり、一番のメリットとなるのがこのアフターフォロー体制です。

 

保険ショップを通じて契約すると、その後、実際に入院した際の保険金請求、住所変更の手続き、保険証の再発行手続きなどのサポートが受けられるようになります。

 

保険は「入って終わり」ではなく「入ってからが始まり」です。いざ手術や入院をすると職場や病院でも様々な手続きが必要になり、気が滅入ってる状態ですべてを適切に行っていくのは大変です。

 

そんないざという時、保険の難しい諸手続きをサポートしてくれる専門アドバイザーがいることはとても心強いものとなります。

 

 

ネット契約との違いは?

迷う女性

 

ネットから保険契約することの一番のメリットは「パソコンからのやりとりですべて済むのでラク!」ですが、保険ショップでの契約と比べると以下のデメリットを抱えることになります。

 

  • 保険に関する情報をすべて自分で集めてくる必要がある
  • 契約内容の説明を受けずにすべて自力で理解する必要がある
  • いざという時のサポートがないので保険金請求などの諸手続きをすべて自力で行う必要がある

 

すべて自力で行うために、へたをすれば「せっかく保険に入ったのに保険金をもらい損ねる」恐れさえあります。

 

保険はマイホームとならんで人生最大級の買い物です。あなたはマイホームをネットで購入しようと思われるでしょうか?

 

ライフプランを左右する大きな選択であるからこそ、保険契約は対面でしっかりと説明を受けて疑問も解消し、アフターフォロー体制の整った保険ショップで契約するほうがより安心と言えるでしょう。

 

 

最大級の保険ショップ検索サイト!

 

では保険ショップを利用したいと思えばどうすればよいでしょう?まず見てもらいたいのが「保険相談ニアエル」というサイトです。

 

 

保険ショップ検索サービス

 

ここは各保険ショップと提携してネットワークをつくることで、お住まいの地域の保険ショップをすぐ見つけ出せるようにした最大級の保険ショップ検索・予約サイトです。

 

「保険クリニック」「保険見直し本舗」「みつばちほけん」などの大手をはじめ多数の保険ショップがマネモと提携しており、その掲載店舗数は全国で1000店を超えています。

 

不動産検索サイトをイメージするとわかりやすいと思います。アパートやマンションなどの物件を探す際には「ホームズ」「アパマンショップ」などの不動産検索サイトに希望の家賃や間取りなどを入力して条件にあった物件を見つけ出しますよね。

 

「Lifull保険相談」は各保険ショップを住所や地図、会社別に検索しやすいようにまとめられており、あなたのお住まいの地域から最も便利な場所にある保険ショップを見つけ出して無料相談をネット予約することができます。

 

 

スマホする女性

 

 

※「保険相談ニアエル」を運営しているのは日本最大級の不動産・住宅情報サイトHOME'S(ホームズ)も運営するネクストグループです。

 

また、「保険相談ニアエル」は来店型保険ショップの紹介のみならず訪問サービスも提供しています。

 

「家事や育児が忙しくて家を出られない」「身近に店舗が見つからなかった」などの場合にもスタッフに直接、自宅や近所の喫茶店などに来てもらうなど柔軟に対応して相談に乗ってもらえます(もちろん無料です)。

 

保険の相談に乗ってほしいという方のはじめの一歩として最も便利なサイトがこの「保険相談ニアエル」です。

 

保険についてよく知りたい方は、まずここから身近な保険ショップで相談してみることをおすすめします。

 

 

↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ

 

 

重い腰が上がらない・・。医療保険に遅れて加入するデメリットとは?

悩む顔

 

「医療保険は入っておいたほうが良さそう。でもなかなか重い腰があげられないな・・。」

 

そう考える方は多いものです。たしかに医療保険の加入は「ハッピーを手に入れる」というよりは「不幸にならないように備える」買い物ですから、正直あまり楽しくはないですよね。

 

保険にいつ入るかはもちろんそれぞれの自由です。ただ入るのが遅れることによるデメリットもありますので以下にご紹介しておきます。

 

保険料が高くなる

基本的に、保険は年齢が高くなるほど月々支払う保険料は上がっていきます。月々の家計への負担を抑えたいなら早めに入っておくほうがベターです。

 

病気をしてからでは入れなくなることがある

医療保険には「加入審査」というものがあります。過去の病歴や現在の持病、職業などを申告して保険会社の審査を通ってはじめて加入が認められます。

 

予期せぬ病気をした後こそ医療保険を真剣に考え始めることが多いものですがその時には手遅れ・・、というケースも十分あり得るのです。

 

妊娠中は加入できないことがほとんど

妊婦

 

妊娠中は、手術や入院の確率が高まるため医療保険への加入を断られるケースがほとんどです。

 

たとえば帝王切開や切迫早産による入院は医療保険の給付対象ですが、そうした場合の保険金がもらえないため、後悔する方も少なくありません。

 

切迫早産などで入院する確率は約5%、帝王切開の確率は約15〜20%です。

 

医療保険に「いずれ入ろう」と思っている方は子作り前に入っておくほうがベターです。

 

 

遅れて後悔する前に!まずは無料相談を

 

当サイトでおすすめするのは医療保険に入るならなるべく早いほうが良いです。

 

特にこれから子どもが欲しいという方は、医療保険が必要になる可能性が高くなるのでぜひ早めに入っておいたほうが良いでしょう。

 

まちの保険ショップなら今すぐ契約しなくても何度でも無料相談にのってもらえるので、気になるという方はまずは「保険相談ニアエル」で近くの保険ショップを探して気軽にご相談してみることをおすすめします。

 

 

↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング