安くても安心!がん保険おすすめ比較ランキング2017

B+評価:ダブルエールは長期治療&収入保障!評判レビュー(ライフネット生命がん保険)

2018年6月更新:ダブルエール評価レビュー

ダブルサポート ヘッダー

 

 

がん治療費と収入減をWサポート!

 

 

そんなコンセプトで注目を集めているのが、ネット専門保険のライフネット生命が2017年から販売しているがん保険「ダブルエール」です。

 

この商品は、近年話題になるがん治療期間の収入減少や、長期治療に備える独自の保障を用意していることに特徴があります。

 

具体的には、がんになったら最大5年間の収入をサポートする「がん収入サポート給付金」、治療費を毎月無制限に受け取れる「治療サポート給付金」などがそれにあたります。

 

独自の保障で、世間のニーズに答えようとする強い意欲がうかがえます。

 

ただし、その内容を吟味して他社と比較してみるとがん再発時の保障保険料とのバランスが少し気になります。

 

当サイトでは、平均よりやや高めのB+評価のランキングづけとしています。

 

では「ダブルエール」の具体的な特徴、他社と比較してわかるメリット・デメリットはどこにあるのでしょうか?

 

以下に述べていきます。

 

(最終更新:2018年6月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

「ダブルエール」の主な保障内容と特徴

 

「ダブルエール」は、保障の手厚さによって「シンプル」「ベーシック」「プレミアム」の3種類のプランが用意されています。

 

ここではまず最もおすすめとされる「ベーシック」で考えます。加入例は以下の通りです。

 

 

ダブルエール(ライフネット生命)の加入例
公式サイト 
  • 保険料:2,341円/月
  • がん診断給付金:100万円(1回のみ、上皮内がんは50万円)
  • 治療サポート給付金:10万円/月(無制限)
  • 先進医療保障:技術料と同額を通算2,000万円まで

 

※30才男性/終身払い 「ベーシック」タイプで計算

 

 

そもそも、現在のがん保険は主に以下の3タイプに分けられます。

 

 

  • トータルタイプ(入院、手術、がん診断給付金などトータルで保障)
  • がん診断給付金タイプ(がん診断給付金による保障が中心)
  • 毎月給付タイプ (治療を受ける月に少なめの金額を継続して受け取る)

 

 

当サイトでは、がんになった時点でまとまった保険金がもらえる「がん診断給付金(がん一時金)」こそ、がん保障の主役と考えています。

 

そのため、ほぼ、がん診断給付金のみの保障で保険料もより安いがん診断給付金タイプをまずはおすすめしています。

 

参照
「がん診断給付金」保障こそがん保険の主役!そのメリットとは?

 

 

一方、「ダブルエール」は、がん治療した月に10万円を無制限に受け取るという毎月給付タイプです。

 

ただし、がん診断給付金も一度だけ受け取れるという、がん診断給付金タイプとしての性質も併せ持っています。

 

 

ダブルエール=がん診断給付金タイプ+毎月給付タイプ

 

 

それにより「保障が手厚い」という見方もできますが、そのぶんやや保険料が高めになっているのも気になるところです。

 

 

他社との比較で評価

 

保険商品の良し悪しを判断するためには、他社との比較が欠かせません。

 

ここでは、現在当サイトで最もおすすめしているがん診断給付金タイプのがん保険、「ガードエックス」(メットライフ生命)と比較してみます。

 

 

※ガードエックス
公式サイト

 

 

それぞれ、より優れている点を色付けします。

 

 

ダブルエール(ベーシック) ガードエックス
保険料/月 2,341円 1,838円
がん診断給付金 100万円(1回のみ受け取れる) 100万円(1年に1回、通算5回まで受け取れる)
毎月の給付 がん治療を受けた月に10万円を無期限で受け取れる なし
先進医療保障 通算2,000万円 通算2,000万円

※保険料は30才男性で試算

 

 

「ガードエックス」は、がん診断給付金を年に1回を限度に5回まで受け取れてローコストであることに強みがあります。

 

シンプルに考えると「がんになるたびに100万円が受け取れる」ので、治療費のみならず、生活費など多様な使い方が可能となります。

 

「がんの治療費は平均で100万円」というデータにも答える内容と言えます。

 

一方、「ダブルエール」は初回のがんこそ「がん診断給付金100万円」と「がん治療を受けた月ごとに10万円」で手厚い保障となりますが。

 

しかし2回目以降だと「がん治療を受けた月ごとに10万円」のみと最低限の保障に限られる点が気になります。

 

実際、がん治療が高額になると高額療養費制度が適用されるため、10万円/月でも治療費は補うことが可能です。

 

参照
超重要!治療費が大幅に安くなる高額療養費制度とは?

 

 

しかし、毎月給付タイプのがん保険は最低限の保障であるかわりに保険料が安く設定されるのがメリットですが、「ダブルエール」は1度きりながらがん診断給付金保障もついているため、保険料もそれほど安くありません。

 

つまり保険料はそれほど安くないが、がんの再発には最低限の保障しか得られない。

 

この点において、当サイトでは「ガードエックス」がより有利と見ています。

 

 

「がん収入サポート給付金」は必要?

悩む女性

 

改めて「ダブルエール」とは、長期の治療保障治療期間の収入減少の2つをサポートすることに特徴を持つがん保険です。

 

ここまでは、そのうちの1つである「長期の治療保障」のみが得られる「ベーシック」プランで評価してきました。

 

さらに「治療期間の収入減少」への保障も欲しいなら、「プレミアム」プランを検討することになります。

 

2つの違いは「がん収入サポート給付金」の有無です。

 

 

ベーシックとプレミアムのち外

 

 

「がん収入サポート給付金」というのは、治療期間中の収入減少を目的とした保障です。

 

具体的には、がんになったらそれから年に1度、計5回の保険金が支払われるというものです(途中で契約者が亡くなった場合は中止)。

 

支払われる金額はがん診断給付金の50%です。

 

例えばがん診断給付100万円のプランなら、50万円が年に1回、最大5回(合計250万円)まで支払われます。

 

それでは、この「がん収入サポート給付金」が必要かという話になりますが、当サイトでは基本的には不要だと考えます。

 

なぜなら、がん診断給付金の金額を上乗せすることで対応可能だからです。

 

もしがん治療に伴う収入減少が不安なら、例えば先に挙げた「ガードエックス」でがん診断給付金を100万円→200万円にすることなどが考えられます。

 

これなら、数年に分けずとも最初の1回でまとまった金額が入ってきますから、治療方法や生活プランも立てやすくなります。

 

「がん収入サポート給付金」の「例え治療が済んでいても、最大5年(5回)の給与サポートが受けられる」というのは、メリットといえばメリットです。

 

しかし、そもそも治療が済んでいたら収入減少をサポートする必要は薄れるため、積極的にこの保障を求める必要性は薄いと考えます。

 

何度も繰り返しますが、がん保障の主役は、がん診断給付金です。

 

治療費以外にも様々な使い方ができる、まとまった金額を受け取れるがん診断給付金をメインに、がん保障を考えるのが最もシンプルかつ効率的と言えます。

 

 

まとめ

 

「治療期間の収入減少」「長期治療」に備えるために独自の保障プランを打ち出している「ダブルエール」。

 

決して悪い保険商品ではないのですが、内容を吟味してみるとがん診断給付金メインの他社の保険商品のほうが保障内容とコストパフォーマンスのバランスに優れていると判断します。

 

当サイトでは平均より少し上のB+評価としています。

 

「ダブルエール」を検討されたい方は、他のがん保険商品(特にがん診断給付金タイプ)の内容と比較したうえで判断されることをおすすめします。

 

当サイトの各商品の評価レビュー&ランキングづけもぜひご参照ください。

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


 

B+評価

 

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング