保険適用外の自由診療に強い!SBIがん保険評価レビュー

B+評価:保険適用外の自由診療に強い!SBIがん保険評価レビュー

2017年4月更新:SBIがん保険評価レビュー

ヘッダー SBI損保がん保険評価 

 

 

自由診療もカバーするがん保険!

 

 

最新のがん治療を受ける場合は公的保険が適用されない自由診療を選択する場合もあり、治療費がかなりかかるケースも出てきます。

 

そんな高額となりがちな自由診療の保障に向いているがん保険が「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)」です。

 

この保険だと最高で1000万円までの保障を安めの保険料で得ることができ、「がんになったら自由診療まで十分に保障されたい」と希望する方にとっては魅力的と言えます。

 

ただし、保障期間が限られる「定期型」であったり差額ベッド代が保障されないなどのデメリットもあるため、選ばれる際はその特徴を十分に把握しておく必要があります。

 

当サイトでは、自由診療の保障に最も適した保険として平均以上のB+評価のランキングづけとしています。

 

以下に「SBI損保のがん保険」について述べていきます。

 

(最終更新:2017年4月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

がんの自由診療とは?

診察 

 

そもそも、日本の医療は保険が適用されるかどうかで大きく3つに分けられます。

 

 

診療3種類 

 

 

保険診療(3割自己負担)

 

現在の医療のほとんどがこれにあたります。公的保険(自営業なら国民健康保険、サラリーマンなら健康保険)が適用されることにより、自己負担は3割で済みます。

 

また公的保険の「高額療養費制度」により、1ヶ月あたりの治療費の上限は約9万円に抑えられます(平均的な収入の場合)。

 

参照
超重要!高額療養費制度を知らずに保険は組み立てられない

 

 

自由診療(10割自己負担)

 

最新の治療法や日本で認可されていない薬(抗がん剤など)を使う場合は、公的保険が適用されず全額自己負担となることがあります。

 

これを自由診療と言い全額自己負担となります。

 

原則として、保険診療と自由診療を混合することはできません。

 

がん治療については、現在、悪性がん患者の約0.2%がこの自由診療を受けているとするデータがあります。

 

 

先進医療(10割自己負担)

 

近年、保険のCMなどでよく目にする先進医療。

 

何となく「最新の医療なんだろうな」というイメージで自由診療と混合しがちですが、実際には「例外的に保険診療と共に受けられる高度な医療技術」のことを指します。

 

「混合診療」とも呼ばれます。

 

約100種類の治療法が先進医療に指定されており、これも全額自己負担となります。

 

 

 

自由診療は多くの医療保険、がん保険ではカバーしきれない

お金 

 

近年のがん保険や医療保険は、先進医療については技術料と同額を保障するのが一般的です。

 

しかし自由診療に特化した保障というのはありません。

 

自由診療は公的保険が適用されず、数百万の治療費が必要となるケースもあります。

 

現在、悪性がん患者の約0.2%がこの自由診療を受けているとするデータがあります。

 

 

「たったそれだけの確率なら、公的保険が適用される保険診療だけでいいよ」

 

「がん検診をこまめに受けて早期発見・早期治療を心がけるよ」

 

 

こう考えることも可能ですし、実際、管理人自身もそのつもりでがんの自由診療に特化した備えは用意していません。

 

しかし、わずかな確率ではありますが、がんで自由診療を選ぶケースにもしっかり備えたい場合には「自由診療もカバーしてくれるがん保険」を検討する余地が出てきます。

 

 

自由診療をカバーできる「SBI損保のがん保険」

公式サイト 

 

治療費が高額となる可能性のあるがんの自由診療。

 

それをカバーできるがん保険として現在おすすめなのが「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)」です。

 

主な保障内容は以下の通りとなります。

 

 

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)の加入例
公式サイト 
  • 入院保障:実費治療費を無制限保障
  • 通院保障:実費治療費を1000万円まで(更新すると回復)保障
  • 保障期間:5年
  • 20歳男性保険料:400円/月
  • 30歳男性保険料:550円/月
  • 40歳男性保険料:900円/月
  • 50歳男性保険料:1950円/月

 

 

 

「SBI損保のがん保険」が一般的ながん保険と異なるのは、保障が入院や手術に対して個別に設定されているのではなく、実際に治療にかかった費用を1000万円まで無制限に保障してくれる点にあります。

 

これなら、高額になりがちな自由診療を選んだ場合でも十分な保障を受けることができます。

 

また保険料も20代から40代にかけては月額1000円以下と安く、コストパフォーマンスにも優れています。

 

「自由診療も含め、がんには最大限の備えをしたい」と考えるなら有力な商品と言えます。

 

 

デメリットもあり

 

一見、良いことづくめにも見える「SBI損保のがん保険」ですが、以下のデメリットもあります。

 

定期型なので年々保険料は上昇していく

上昇図 

 

がんは高齢になるほど発症率も高まるため、がん保険に入るなら一生保障が続き保険料も変わらない「終身型」が望ましいです。

 

しかし「SBI損保のがん保険」は5年ごとに更新が必要な「定期型」であり、更新するたびに保険料は値上がりしていきます。

 

保険料負担が上がるのみならず、更新の際にすでにがんを経験していると契約が継続できない可能性も出てきます。

 

がんは再発リスクも考慮する必要がありますので、この点にも不安が残ります。

 

 

差額ベッド代は保障されない

ベッド 

 

「SBI損保のがん保険」で保障されるのはあくまで「治療費」であり、入院の際に「差額ベッド代」が発生した場合は保障されません。

 

長期入院となってしまった場合、治療費よりも高くつくこともある差額ベッド代が保障されないのはデメリットと言えます。

 

参照
払う?払わない?差額ベッド代の「現実的」な考え方とは

 

 

以上のことを踏まえると、「SBI損保のがん保険」はそれ単体で備えるというよりも、その他のがん保険や医療保険の「上乗せ」として備えるのが妥当と言えます。

 

例えば保障が一生続く終身医療保険「新キュア+がん特約」を契約して、がんになった場合の負担が特に大きい子育て期、勤労期(65才まで)に限定して「SBI損保のがん保険」を上乗せするようなパターンが考えられます。

 

参照
安い&がんに強いおすすめ医療保険!新キュア評判レビュー

 

 

2つの保険に入るぶん保険料もより高くなりますが、「がんになったら自由診療まで保障されたい」と希望する方なら検討する価値があると言えます。

 

 

まとめ&どんな人が選ぶべき?

 

高額となりがちな自由診療を1000万円まで保障される点にメリットがある「SBI損保のがん保険」。

 

自由診療への備えも万全にしておきたい方なら、十分に検討する価値のある保険商品と言えます。

 

ただし定期型であるなどのデメリットもあるため、選ばれる際は他の保険と組み合わせるなどの工夫も考えてみることをおすすめします。

 

がん保険を選ぶ際は、それぞれの商品の特徴や違いを知り、医療保険との選びわけ、そして「そもそもがんに保険は必要か」までも理解しておきたいところです。

 

当サイトでは、がん保険の必要性や選び分け、そして各商品の評価レビュー&ランキングづけを行っていますので、それらもぜひご参照ください。

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


 

B+評価 

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング