がん一時金+充実保障!ガードエックス評判レビュー

A評価:ガードエックス(メットライフ)は最安級のがん一時金保障!評判レビュー

2018年6月更新:ガードエックス評価レビュー

ヘッダー ガードエックス評価

 

 

充実のがん一時金&安さ!

 

 

スヌーピーのイメージキャラクターも印象的なメットライフ生命から販売されているがん保険「ガードエックス」

 

一時金タイプのがん保険としては充実した保障内容となっており、注目のがん保険のひとつとなっています。

 

特にがん診断給付金(がん一時金)が年に一回もらえる保険料の安さに特徴を持つ商品です。

 

近年のがん治療の傾向に沿った保障がローコストで得られる点を評価して当サイトでは最もおすすめのA評価としています。

 

ただし自由診療(公的保険が適用されない治療)を選んだ場合に保険金が給付されない可能性や、先進医療の保険料負担が大きくなる可能性もあるため、選ぶ際にはこれらの点も理解しておきたいところです。

 

以下に「ガードエックス」の特徴、他社と比較して見えるメリット・デメリットを述べていきます。

 

(最終更新:2018年6月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

 

まず、「ガードエックス」の主な保障内容は以下の通りとなります。

 

 

ガードエックス(メットライフ生命)の加入例
公式サイト 
  • 保険料:1,838円/月
  • がん診断給付金:100万円(上皮内がんは50万円)
  • 通院日額:なし
  • 手術給付金:なし
  • ホルモン剤治療給付金:なし
  • 先進医療保障:技術料と同額

 

※30才男性/終身払い 「充実コースシンプルタイプ」で計算

 

 

そもそも、現在のがん保険は主に以下の3タイプに分けられます。

 

 

  • トータルタイプ(入院、手術、がん診断給付金などトータルで保障)
  • がん診断給付金タイプ(がん診断給付金による保障が中心)
  • 毎月給付タイプ (治療を受ける月に少なめの金額を継続して受け取る)

 

 

当サイトでは、がんになった時点でまとまった保険金がもらえる「がん診断給付金(がん一時金)」こそ、がん保障の主役と考えています。

 

そのため、ほぼ、がん診断給付金のみの保障で保険料もより安いがん診断給付金タイプをまずはおすすめしています。

 

参照
「がん診断給付金」保障こそがん保険の主役!そのメリットとは?

 

 

「ガードエックス」はプランによってトータルタイプにもがん診断給付金タイプにもなりますが、ここでは当サイト推奨のがん診断給付金タイプとして、がん診断給付金100万円に先進医療保障をつけたオリジナルプランで評価しています。

 

「ガードエックス」のメリットとしては「がん診断給付金が年1回受け取れる」「がん診断給付金タイプとして最安の保険料」であることが挙げられます。

 

逆にデメリットとしては、自由診療を受けた場合に保険金が給付されない可能性がある点などが挙げられます。

 

以下に比較しながら解説します。

 

 

他の「がん診断給付金タイプ」がん保険との比較

比較

 

 

保険商品の良し悪しを判断するには、他社商品との比較が欠かせません。

 

ここでは、現在評価の高い他社の「がん診断給付金タイプ」のがん保険との比較を挙げます。

 

より優れている部分を色付けします。

 

 

  新がんベスト・ゴールドα スマイルセブン メディフィットPlus ガードエックス
保険料/月 2,100円 2,486円 2,540円 1,838円
悪性がん診断給付金 100万円 100万円 100万円 100万円
初期がんがん診断給付金 なし 100万円 100万円 50万円
給付回数 2年に1回(回数制限なし) 1年に1回(回数制限なし) 1年に1回(回数制限なし) 1年に1回(通算5回まで)
給付条件 診断 診断 診断(2回目以降は入院) 治療
先進医療の保険料 終身型 終身型 終身型 更新型
強み、メリットは? 給付条件、保険料の安さ 7大疾病も保障、年1回の給付、初期がんも手厚く保障 3大疾病も保障、年1回の給付、初期がんも手厚く保障 一時金タイプとして最安クラスの保険料

※30才男性/終身払いで比較

 

 

評価ポイントはいくつかありますが、一番注目したいのががん診断給付金がもらえる頻度です。

 

なぜなら、がんの治療期間は5年以内が最も重要となり、短期間にどれだけがん診断給付金をもらいやすいかがより重要となるからです。

 

現在、がん診断給付金がもらえる頻度は「2年に1回」タイプと「1年に1回」タイプがあり、「ガードエックス」は1年に1回、がん診断給付金を受け取ることが可能であるため、治療期間が長引いた場合により有利となります。

 

そして、保険料は比較してわかるように、がん診断給付金タイプの中ではトップクラスの安さとなります。

 

このように「ガードエックス」は、安さとがん診断給付金のもらいやすさとがメリットとなっています。

 

当サイトでも、これらを重視して今、最も優れたがん診断給付金タイプのがん保険と評価しています。

 

 

ガードエックスのデメリットは?

診療

 

ただし、「ガードエックス」はメリットばかりとも言えません。

 

まず、がん診断給付金の給付条件。

 

「ガードエックス」は1年に1回給付金が受け取れるのが強みですが、その支払い条件は公的医療保険が適用される「保険診療を受けた時」となっています。

 

 

診療種類

 

  • 保険診療:公的保険が適用される診療
  • 先進医療:保険診療と一緒に受けられるが全額自己負担となる一部の治療。約100種類が対象
  • 自由診療:保険診療と一緒には受けられず、全額自己負担となる診療

 

 

つまり未承認の抗がん剤治療などの自由診療を受けた場合や、がんと診断されても緩和ケアを選んだ場合には給付対象とならない可能性があります。

 

 

薬

 

参照
がんの自由診療や先進医療に備えは必要?保険の組み方と考え方は?(編集中)

 

 

また「ガードエックス」は基本的に「終身型」(保険料が一生変わらないタイプ)ですが、先進医療部分の保険料だけが「更新型」(定期的な見直しや値上がりがあり得る)であるというのもデメリットのひとつです。

 

現在の先進医療部分の保険料は数十円〜100円程度と小さなものですが、将来的な変動の可能性を考えると多少は気になるところです。

 

参照
先進医療の「終身型」「更新型」をどう考える?(編集中)

 

 

そして、「ガードエックス」はがん診断給付金がもらえる回数も「5回まで」と制限があります。

 

6回以上のがん診断給付金を受け取るケースは確率的に見て稀ではありますが、こうしたデメリットが気になる方なら、別のがん保険商品を検討する余地が出てきます。

 

 

まとめ&どんな人が選ぶべき?

 

「がん診断給付金が年に一回もらえる」「がん診断給付金タイプとして最安クラスの保険料」という特徴をを持つ「ガードエックス」。

 

「がん診断給付金タイプ」のがん保険に加入したい方なら、ぜひ検討してみたい商品のひとつと評価でき、当サイトでもA評価と高いランキングづけとしています。

 

選ぶ際は、上記に述べた他のがん保険商品との違いや医療保険との選びわけ、そして「そもそもがんに保険は必要か」までも理解しておきたいところです。

 

当サイトでは、がん保険の必要性や選び分け、そして各商品の評価レビュー&ランキングづけを行っていますので、それらもぜひご参照ください。

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


 

A+評価 

 

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング