手厚い保障もやや高め がん治療支援保険NEO評判レビュー

B評価:手厚い保障もやや高め がん治療支援保険NEO評判レビュー

2017年4月更新:「がん治療支援保険NEO」評価レビュー

ヘッダー がん治療支援保険ネオ 

 

 

手厚い保障もやや高め

 

 

東京海上日動あんしん生命のがん保険「がん治療支援保険NEO」は、入院・通院・手術・抗がん剤治療と幅広く手厚い保障内容となっているのが特徴的です。

 

ただし保険料がやや高めで、当サイトの注目ポイントを満たしてない点もあるのでB評価と平均的なランキングづけとしています。

 

では、他社商品と比較して見えてくるこの保険の特徴、メリット・デメリットはどこにあるのでしょうか?

 

以下に述べていきます

 

(最終更新:2017年4月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

「がん治療支援保険NEO」の特徴と保障内容

公式ページ

 

 

「がん治療支援保険NEO」の主な保障内容は以下のようになります。

 

 

がん治療支援保険NEO(東京海上日動あんしん生命)の加入例
公式ページ 
  • 月額保険料:4387
  • がん診断給付金:100万円
  • 初回がん一時金:100万円
  • 抗がん剤治療給付金:10万円/月
  • 入院給付金日額:1万円
  • 手術給付金:20万円
  • 通院給付金:1万円
  • 先進医療保障:2000万円まで保障(特約として付加)

 

※30才男性/終身払いで計算

 

 

そもそも、現在のがん保険は主に以下の3タイプに分けられます。

 

 

  • トータルタイプ(入院、手術、がん診断給付金などトータルで保障)
  • がん診断給付金タイプ(がん診断給付金による保障が中心)
  • 毎月給付タイプ (治療を受ける月に少なめの金額を継続して受け取る)

 

 

当サイトでは、がんになった時点でまとまった保険金がもらえる「がん診断給付金(がん一時金)」こそ、がん保障の主役と考えています。

 

そのため、ほぼ、がん診断給付金のみの保障で保険料もより安いがん診断給付金タイプをまずはおすすめしています。

 

参照
「がん診断給付金」保障こそがん保険の主役!そのメリットとは?

 

 

「がん治療支援保険NEO」は「トータルタイプ」のがん保険であり、これは入院や手術など総合的な保障を受けられるのが強みなのですが、コストパフォーマンスはやや落ちます。

 

がん診断給付金タイプとトータルタイプの大まかな違いは以下の通りです。より優れた部分を色付けしています。

 

 

  がん診断給付金タイプ トータルタイプ
保険料 より安め より高め
がん診断給付金 あり あり
入院保障 なし あり
通院保障 なし あり
手術保障 なし あり
先進医療保障 あり あり

 

 

近年のがん治療は通院が主体となりつつあり、平均入院日数は減少する傾向にあります(平均で約20日程度)。

 

公的保険(自営業なら国民健康保険、サラリーマンなら健康保険)を使えば代表的ながんの治療費は平均で30万円程度であり、交通費や雑費などを踏まえれば、がんには100万円程度の備えがあれば十分と言えます。

 

そのため、当サイトではがん診断給付金を中心とした「がん診断給付金タイプ」のがん保険をまずおすすめしています。

 

しかし、より手厚くがんに備えたいと考える方には「トータルタイプ」も選択肢となります。

 

「がん治療支援保険NEO」は、トータルタイプの中でも保障は手厚く保険料は高めという特徴を持っています。

 

以下、他社商品と比較していきます。

 

 

他社の「トータルタイプ」がん保険と比較

比較

 

現在、「トータルタイプ」のがん保険で代表的なものは4種類あります。そしてそれぞれの比較ポイントには以下の4つが挙げられます。

 

  • 保険料
  • がん診断給付金の給付条件
  • 上皮内がんへの保障
  • 先進医療のタイプ

 

 

保険料はやや高め

 

まず保険料の比較は以下の通りです。

 

 

商品名 保険料/月
勇気のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命) 2882円
ビリーブ(オリックス生命) 2990円
新生きるためのがん保険(アフラック) 3429円
がん治療支援保険NEO(東京海上日動あんしん生命) 4387円

※30才男性/当サイト加入例で比較

 

 

「がん治療支援保険NEO」は、他社と比較して高めの保険料となっています。

 

 

がん診断給付金の給付条件

 

がん診断給付金の給付条件は、2回目以降の条件で各社に違いがでてきます。

 

近年のがん治療は通院主体となりつつありますので、ここは最も重視したいポイントです。

 

 

がん診断給付金の条件比較

商品名 給付金額 給付条件
勇気のお守り 100万円 2年に1回を限度とする。2回目以降も診断された時点で給付
ビリーブ 50万円。ただし初回は100万円が上乗せされる 2年に1回を限度とする。2回目以降は入院が条件
新生きるためのがん保険Days 100万円 2年に1回を限度とする。2回目以降は入院が条件
がん治療支援保険NEO 100万円 2年に1回を限度とする。2回目以降も診断された時点で給付

 

 

「がん治療支援保険NEO」は初回も2回目以降も同じ金額が給付され、その条件も常に「診断された時点」となっています。

 

これは「勇気のお守り」と同じく最も良い条件となっています。

 

 

上皮内がんへの保障

 

がん一時金は「上皮内がん(いわゆる初期がん)」と「悪性がん」で給付金の条件が分けられており、ここにも各社の違いが出てきます。

 

 

商品名 上皮内がんへの保障
勇気のお守り 100万円
ビリーブ 100万円 2回目以降は50万円(入院が条件)
新生きるためのがん保険  10万円
がん治療支援保険NEO 100万円(ただし1回限り)

 

 

「新生きるためのがん保険Days」は金額こそ100万円と手厚いのですが給付は初回限りとなっており、「勇気のお守り」や「ビリーブ」より劣ります。

 

 

先進医療が終身型

 

より高度な治療である先進医療に対する保険料は、ずっと保険料が変わらない「終身型」と、定期的に更新される「更新型」に分けられます。

 

「更新型」は保険料が値上がりする可能性が含まれるので「終身型」がより優れているのですが、「がん治療支援保険NEO」はその「10年更新型」となっています。

 

 

先進医療の保険料タイプ

商品名 タイプ
勇気のお守り 終身型
ビリーブ 終身型
新生きるためのがん保険 10年更新
がん治療支援保険NEO 10年更新

 

 

これら3つのポイントを比較すると、「がん治療支援保険NEO」の保障内容はベストとまでは言えません。

 

現状、トータルタイプでバランスのとれた保障を持つのは「勇気のお守り」です。

 

参照
トータルながん保障でおすすめ!勇気のお守り評価レビュー

 

 

がん保険のそれぞれの要素、選びわけについてより詳しく考えてみたい方は以下をご覧ください。

 

参照
がん保険の見分け方&最注目ポイントとは?(編集中)

 

 

「がん治療支援保険NEO」のデメリットは?

考える

 

「がん治療支援保険NEO」のデメリットとしては、やはり保険料の高さが挙げられます。

 

トータルタイプのがん保険全体に言えることですが、がん診断給付金が保障の中心となる「がん診断給付金タイプ」や、抗がん剤・放射線治療に保障を絞った「抗がん剤・放射線治療保障タイプ」のがん保険、「医療保険+がん特約」と比較するとどうしても割高となっています。

 

 

各商品の保険料比較

商品名 保険料/月
がん治療支援保険NEO 3484円
終身がん治療保険プレミアム 809円
がんベスト・ゴールドα 2310円
新キュア+がん特約 2312円

※30才男性/当サイト加入例で計算

 

 

「がん治療支援保険NEO」はトータルタイプの中でも特に保険料が高く、がんのみの保障としてはコストパフォーマンスが悪いです。

 

 

当サイトでは「ローコストで確かな安心」をコンセプトに、医療保険「新キュア+がん特約」をまずおすすめしており、がん保険なら一時金タイプの「ガードエックス」をおすすめしています。

 

 

「新キュア」

新キュア公式サイト

 

 

「ガードエックス」

公式

 

 

これらもぜひ、比較検討してみることをおすすめします。

 

参照
安い&がんに強い!人気医療保険 新キュア評価レビュー

 

充実の一時金&通院保障!ガードエックス評価レビュー

 

 

 

まとめ&どんな人が選ぶべき?

 

手厚い保障に特徴がある東京海上日動あんしん生命の「がん治療支援保険NEO」。

 

ただその内容を細かく見ているとやや不十分で保険料も高めとなっており、当サイトではB評価と平均的なランキングづけとしています。

 

がん保険は様々なタイプ、商品がありそれぞれ独自のメリット、特徴を持っています。

 

当サイトでは、がん保険の必要性や選び分け、そして各商品の評価レビュー&ランキングづけを行っていますので、それらもぜひご参照ください。

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


 

B評価 

 

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング