充実の一時金保障。がんベストゴールドα評判・評価レビュー

B+評価:トップクラスの保障!新がんベストゴールドα評判レビュー

2018年6月更新:新がんベストゴールドα評価レビュー

ヘッダー 新がんベスト・ゴールドα

 

 

ローコストながん保障!

 

 

発売以来、がん保険の代表的な存在として有名なのがFWD富士生命の「新がんベスト・ゴールドα」です。

 

その主な強みは、がんと診断された際に支払われるがん診断給付金(がん一時金)のもらいやすさにあり、かつては「がん保険はこれを選べば間違いない」と言われるほど専門家の評価も高かった商品です。

 

近年は保障内容の改定で質がいくらか下がりましたが、保険料の安さなど相変わらずメリットもありおすすめがん保険のひとつとして評価できます。

 

ただし他社からも、この商品を意識して上回るような内容とした競合商品が次々出ており、一強状態ではなくなってきました。

 

当サイトでは、B+評価と平均よりやや高めのランキングづけとしています。

 

では、この商品の特徴、そして他社商品と比べた場合のメリットはどこにあるのでしょうか?

 

以下に解説します。

 

(最終更新:2018年6月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

がんベスト・ゴールドα公式ページ

 

 

まず、「新がんベスト・ゴールドα」の主な保障内容と加入例は以下のようになります。

 

 

新がんベスト・ゴールドα(FWD富士生命)
がんベスト・ゴールドα 公式ページ
  • 月額保険料:2,100円
  • がん診断給付金:100万円
  • 上皮内がん(初期がん)診断給付金:なし
  • 入院給付金日額:なし
  • 手術給付金:なし
  • 先進医療保障:2000万円まで保障

 

※30才男性 終身払いで計算 「上皮内新生物診断給付金」特約を付加

 

 

そもそも、現在のがん保険は主に以下の3タイプに分けられます。

 

 

  • トータルタイプ(入院、手術、がん診断給付金などトータルで保障)
  • がん診断給付金タイプ(がん診断給付金による保障が中心)
  • 毎月給付タイプ (治療を受ける月に少なめの金額を継続して受け取る)

 

 

当サイトでは、がんになった時点でまとまった保険金がもらえる「がん診断給付金(がん一時金)」こそ、がん保障の主役と考えています。

 

そのため、ほぼ、がん診断給付金のみの保障で保険料もより安いがん診断給付金タイプをまずはおすすめしています。

 

参照
「がん診断給付金」保障こそがん保険の主役!そのメリットとは?

 

 

「新がんベストゴールドα」は、この「がん診断給付金タイプ」に分類されます。

 

「新がんベスト・ゴールドα」の一番の特徴は、この「がん診断給付金+先進医療保障のみ」というシンプル&コストパフォーマンスの良いプランが組める点にあります。

 

専門家の間でもおすすめする声は多く、代表的ながん保険のひとつと言えます。

 

 

他の「がん診断給付金タイプ」がん保険との比較

比較

 

保険商品の良し悪しを判断するには、他社商品との比較が欠かせません。

 

ここでは、現在評価の高い他社の「がん診断給付金タイプ」がん保険との比較を挙げます。

 

より優れている部分を色付けします。

 

 

  新がんベスト・ゴールドα スマイルセブンSuper メディフィットPlus ガードエックス
保険料/月 2,100円 2,486円 2,540円 1,838円
悪性がん診断給付金 100万円 100万円 100万円 100万円
初期がん診断給付金 なし 100万円 100万円 50万円
給付回数 2年に1回(回数制限なし) 1年に1回(回数制限なし) 1年に1回(回数制限なし) 1年に1回(通算5回まで)
給付条件 診断 診断 診断(2回目以降は入院) 治療
先進医療の保険料 終身型 終身型 終身型 更新型
メリット、強みは? 給付条件、保険料の安さ 七大疾病も保障、年1回の給付、初期がんも手厚く保障 三大疾病も保障、年1回の給付、初期がんも手厚く保障 一時金タイプとして最安クラスの保険料

※30才男性/終身払いで試算

 

 

評価ポイントはいくつかありますが、「新がんベスト・ゴールドα」のメリットとしてはがん診断給付金の給付条件の良さ(もらいやすさ)が挙げられます。

 

「新がんベスト・ゴールドα」のがん診断給付金の給付条件は「がんと診断されたら給付」となっています。

 

他の商品だと「治療のための入院」や「保険治療を開始した時点」が給付条件となっていることがあります。

 

しかしこれだと通院治療のみであった場合や、保険が適用されない自由診療を選んだ場合、緩和ケアを選んだ場合などに給付対象外となる可能性も出てきます。

 

「新がんベスト・ゴールドα」は初回であれ2回目以降であれ、「がんと診断された時点で給付」となるため、より保険金が受け取りやすいというメリットがあります。

 

そして、「がん診断給付金(悪性がんのみ)+先進医療保障」だけに絞った保障内容にすることで、他社と比較して保険料が安いというのもメリットです。

 

 

「新がんベスト・ゴールドα」のデメリットは?

 

逆にデメリットを挙げるとすれば、がん診断給付金の給付回数が挙げられます。

 

比較表に示した通り「新がんベスト・ゴールドα」は、2年に1回が限度となっています。

 

しかし「ガードエックス」や「メディフィットPlus」など1年に1回ともらえる頻度がより高いものもあり、これらはがん治療が長期化した場合により有利となります。

 

がん診断給付金で最も重視すべきであるこの給付頻度が2年に1回であることは、デメリットとして評価せざるを得ません。

 

当サイトでは、がん診断給付金の給付頻度が優れているうえにローコストな「ガードエックス」(メットライフ生命)を今、最も高く評価しています。

 

 

公式サイト

 

 

「新がんベスト・ゴールドα」を選ぶなら、ぜひ「ガードエックス」との違いも理解したうえで判断していきたいところです。

 

参照
がん一時金+充実保障!ガードエックス評判レビュー

 

 

がん保険のそれぞれの要素、選びわけについてより詳しく考えてみたい方は以下をご覧ください。

 

参照
がん保険の見分け方&最注目ポイントとは?(編集中)

 

 

まとめ&どんな人が選ぶべき?

 

「新がんベスト・ゴールドα」は安めの保険料とがん診断給付金の給付条件の良さにメリットを持つがん保険です。

 

ただ「新がんベスト・ゴールドα」は長年、がん保険の代表的な商品であり続けましたが、近年はこの商品を意識してより良い保障内容を打ち出したがん保険がいくつも登場しています。

 

当サイトでもその点を踏まえてB+評価と平均よりやや高め程度のランキングづけとしています。

 

先に述べた「ガードエックス」や、がんのみならず七大生活習慣病すべてを保障対象に加えた「スマイルセブン」(朝日生命)なども魅力的です。

 

選ぶ際は、上記に述べた他のがん保険商品との違いや医療保険との選びわけ、そして「そもそもがんに保険は必要か」までも理解しておきたいところです。

 

当サイトでは、がん保険の必要性や選び分け、そして各商品の評価レビュー&ランキングづけを行っていますので、それらもぜひご参照ください。

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


 

B+評価:トップクラスの保障!新がんベストゴールドα評判レビュー

 

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング