がん診断給付金(がん診断一時金)とは?そのメリットと各社の違いを徹底比較

がん診断給付金(がん一時金)こそがん保険の主役!各社の違いを徹底比較

がん診断給付金(がん一時金)とは?

がん診断給付金とは? ヘッダー

 

 

がん診断給付金こそ一番大事!

 

 

「がん保険」と聞くと、多くの方が「がんになって入院や手術をしたらお金がもらえるもの」とイメージすると思います。

 

確かにその通りなのですが、実際はそれだけではありません。

 

放射線治療や抗がん剤治療など、今やがん治療には様々なアプローチがあります。

 

また最近は通院治療も増えつつあり、がん治療の平均入院日数は短くなる傾向にあります。

 

このように多様化するがん治療の手法やスタイルに柔軟に対応できるのが、がん診断給付金(がん一時金)による保障です。

 

これは、がんになった時点で50万円、100万円などまとまった金額がもらえる保障であり、治療に伴う様々な支出や、休職中の収入減少などにまで充てることが可能です。

 

当サイトでは、この使いみちの広いがん診断給付金こそ、がん保険の主役であると考えています。

 

では、がん診断給付金とは一体どんな保障なのか?そして各社で少しずつ異なる保障内容の違いと選び方、今おすすめのがん保険商品とはどれなのか?

 

以下に述べていきます。

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

がん診断給付金(がん一時金)とは?

 

現在、各保険会社から様々ながん保険商品が販売されていますが、その主な保障内容には以下のものが挙げられます。

 

  • 入院給付金(入院1日あたり5,000円など)
  • 通院給付金(通院1日あたり5,000円など)
  • 手術給付金(手術を受けると10万円など)
  • 先進医療保障(先進医療を通算2,000万まで保障など)
  • がん診断給付金(がんと診断されたら100万円など)

 

これらがすべて含まれている保険商品もありますし、保障をこの中の一部に絞ってより保険料を安く抑えるように設計された保険商品もあります。

 

がん診断給付金はこの中に含まれる「がん保障のひとつ」であり、「がん一時金」と呼ばれることもあります。

 

その内容をシンプルに言うと、がんになった時点でまとまったお金(50万円、100万円など)がもらえるというものです。

 

 

なぜ、がん診断給付金が最も大事なのか?

 

病気の保障と言えば、まず手術給付金入院給付金が思い浮かびます。

 

しかし、これらの保障にはデメリット、弱点もあります。

 

例えば入院給付金は「入院1日あたり5000円や10000円が支払われる」というものです。

 

しかし、近年がん治療は入院日数の短縮化が進んでいます。

 

 

平均入院日数 平均治療費
胃がん 20.2日 約25万円
結腸がん 19.9日 約28万円
直腸がん 16.8日 約23万円
気管支がんおよび肺がん 11.5日 約13万円
乳がん 12.2日 約18万円

※(社)全日本病院協会サイトより引用

 

 

もちろん、入院が短いことは患者にとっては喜ばしいことなのですが、入院給付金をもらうという点で考えると、より少なくなっていくのは、この保障の弱点と言えます。

 

また、手術給付金は1回の手術あたりおよそ5〜40万円がもらえるというものですが、近年のがん治療は放射線治療や抗がん剤治療など多様化して新しい治療法も次々に登場しています。

 

がん患者が必ずしも手術を受けるとは限らず、その場合は手術給付金ももらえない可能性があります。

 

今後も、がん治療のスタイルや治療方法は変化、多様化していくことが考えられるため、従来の入院給付金、手術給付金ではより対応しづらくなっていく可能性があります。

 

しかしその点、がん診断給付金はがんになったら保険金がもらえるという保障なので、こうした保険金の「もらい逃し」が起きにくいのです。

 

また、がん診断給付金として受け取った保険金は使いみちが指定されているわけではありません。

 

ですから治療費に充てるのみならず、病院へ通う交通費や雑費、休職中の収入減少を補う目的でも使うことができます。

 

つまり、がん診断給付金は「多様化するがん治療に柔軟に対応できる」「最初にまとまった金額を受け取り様々な使い方ができる」のです。

 

これこそが、がん診断給付金の最も大きなメリットであり、当サイトががん診断給付金こそがん保障の主役と主張する理由でもあります。

 

 

各社のがん診断給付金を比較してわかる違いとは?

 

では、がん診断給付金は各保険商品でどのような違いがあるのでしょうか?

 

まず、近年のがん保険商品は大きく分けると以下の3タイプに分類できます。

 

  • トータルタイプ
  • がん診断給付金タイプ
  • 毎月給付タイプ

 

それぞれの特徴と違いを表に示します。

 

トータルタイプ がん診断給付金タイプ 毎月給付タイプ
保険料 高め 安め 安め
保障内容 入院、通院、手術、がん診断給付金など手厚い 原則、がん診断給付金のみ 治療を受けた月に少額を継続して受け取る

 

 

当サイトでは、「がん診断給付金こそ、がん保障の主役」と考えています。

 

そのため、ほぼ、がん一時金のみの保障で保険料もより安いがん診断給付金タイプをまずはおすすめしています。

 

そして「がん治療のトータルの平均費用は100万円」というデータをもとに、がん診断給付金の設定は100万円をおすすめしています。

 

がん診断給付金タイプの商品は現在いくつもありますが、特に評価の高い4商品をがん診断給付金の条件に注目して以下に比較します。

 

 

新がんベスト・ゴールドα スマイルセブン メディフィットPlus ガードエックス
保険料/月 2,100円 2,486円 2,540円 1,838円
悪性がん診断給付金 100万円 100万円 100万円 100万円
上皮内がん診断給付金 なし 100万円 100万円 50万円
診断給付金の給付回数 2年に1回(回数制限なし) 1年に1回(回数制限なし) 1年に1回(回数制限なし) 1年に1回(通算5回まで)
診断給付金の給付条件 診断 診断 診断(2回目以降は入院) 治療

※保障内容は2018年6月時点のもの
※保険料は30才男性で計算

 

 

がん診断給付金について特に注目すべき比較ポイントは以下の3点です。

 

 

給付条件

 

給付金をもらえるタイミングは「がんと診断された時点」「がん治療を開始した時点」「がんで治療入院した時点」で異なります。

 

最も良いのは、一番タイミングが早い「がんと診断された時点」となります。

 

表の比較では「新がん・ベストゴールドα」「スマイルセブン」がそれに該当します。

 

 

給付頻度と回数

 

がん診断給付金をもらえる頻度は、以前は「2年に1回」が主流でしたが、近年は「1年に1回」の商品が増えてきました。

 

当然「1年に1回」もらえるほうがより優れています。

 

がん治療は5年以内が最も重要であることを考えれば、保険料にならび一番重視すべき比較ポイントとも言えます。

 

表の比較では「メディフィットプラス」「スマイルセブン」「ガードエックス」がそれに該当します。

 

ただし「ガードエックス」は通算5回までしか受け取れない点には気をつける必要があります。

 

 

上皮内がんの保障

 

まだ悪性度の低いがん、いわゆる初期がんの保障にも違いが見られます。

 

悪性がんと同じ保障が受けられるものが優れており、表の比較では「メディフィットプラス」「スマイルセブン」がそれに該当します。

 

〜〜〜

 

こうして比較すると、現在のところがん診断給付金の条件を各社で比較すると「スマイルセブン」「メディフィットプラス」が優れていることがわかります。

 

 

公式ページ

 

公式

 

参照
七大疾病まで保障!スマイルセブン評価レビュー

 

充実のがん診断給付金!メディフィットプラス評価レビュー

 

 

ただし、この2つは保険料もやや高めでもあるのでよりローコストに備えたいなら「ガードエックス」も有力な候補と言えます。

 

 

公式サイト

 

参照
安さ充実の一時金保障!ガードエックス評価レビュー

 

 

当サイトでは「ローコスト&安心の保障」をコンセプトにしているため「ガードエックス」をまずおすすめしていますが、契約者の意向や経済状況によって選び分けていく余地があると言えます。

 

 

まとめ:がん診断給付金を重視すべし!

 

がんになった最初の段階でまとまった保険金を受け取ることができるがん診断給付金。

 

様々ながん治療の選択肢を可能とし、治療以外の支出や休職による収入減少も補えるため、がん保障の主役と言える存在です。

 

「がんに保険で備えたい」と考えるなら、ぜひこの保障を中心にしたプランを組み立てることをおすすめします。

 

当サイトでは、がん保険の必要性やおすすめ商品をいちから説明して最新のおすすめ商品をランキング、評価レビューしていますのでそちらもぜひご参照ください。

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング