がん、長期入院を重視したプランでまず備えていずれ貯蓄で万全に

保険貧乏にならないために|保険+貯蓄で賢く安心をつくりだそう

ローコストで安心を得るために「貯金」+「保険」で考える

貯金

 

 

保険にお金をかけたくない!

 

 

医療保険を考える時に強く頭をよぎるのが「なるべく保険料を安く済ませられないだろうか」という思いです。

 

特に結婚や子育て、マイホームなど何かと出費がかさむ時期の方だと少しでも家計を節約したいものですよね。

 

しかし、安い保険というのはどうしても保障が弱くなってしまい、いざという時に不安が残ります。

 

かといって保険だけで大きな備えを得ようと思えば月々支払う保険料が1万、2万と高くなってしまい、かえって家計を圧迫してしまいます。

 

このジレンマをどうすれば良いのでしょうか?

 

当サイトで提案するのは「大事な保障だけ保険で備えつつ、いずれ貯蓄も組み合わせて万全にする」という「保険+貯蓄」の考えかたです。以下に説明します。

 

このページのポイント

  • 保険だけで備えようとすると「保険貧乏」になりかねない
  • 忘れがちだけど最も大事な備えかたは「貯蓄」!
  • まずは保険で最低限の保障を得て、将来的に貯蓄を加えて備えを万全に

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも医療保険やがん保険って何?」「それぞれの必要性や選び分けのコツは?」などまずイチから知りたいという方は、先に以下のページからご覧ください。


イチから学ぶ!医療保険とがん保険の違いと必要性、選びわけについて

スポンサーリンク

 

 

すべてを医療保険で備えようとすると保険料が高くなる

 

保険会社のサイトなどで入院の際にかかる出費についてこのようなグラフがよく用いられています。

 

 

入院1日あたりの自己負担額グラフ

 

統計によると、入院1日あたりの自己負担額の平均は15000円〜20000円程度とされています。

 

こうした話を聞けば、つい多額の保険金が得られるプランを選びたくなってしまいますね。

 

さらに、医療保険は今や保険業界の看板商品。各保険会社は他との差別化を図るために独自のプランやオプションをたくさん打ち出しています。

 

最近見られる様々な医療保険プラン、オプションには例えば以下のようなものがあります。

 

 

  • 入院日額を10000円、15000円にする
  • 七大疾病で入院日数が無制限になる
  • がんで入院の場合、入院日額が15000円まで上がる
  • 三大疾病(がん、心臓病、脳血管疾患)と診断されたら、以後の保険料を支払わなくてよい
  • 先進医療を2000万まで保障入院、
  • 手術だけでなく通院まで保障してくれる

 

 

こうして医療保険をいろいろ見比べているうちに、保障をあれもこれもと考えたくなってきます。

 

しかし保障を手厚くすれば当然、保険料の負担が家計に大きくのしかかります。例えば入院日額5000円のプランと10000円のプランでは支払う保険料が2倍になります。

 

「もしもの時の安心」を求めすぎた結果、保険料を支払いすぎて保険貧乏になってしまう。

 

これでは元も子もありません。

 

 

備えの基本は「保険」ではなく「貯蓄」!

 

貯金する主婦

では、どうすればローコストで必要な保障、安心を確保することができるのでしょうか?

 

まず意識してほしいのが、医療保険だけが病気・入院に備える手段ではないということです。

 

保険について考えているとつい忘れがちですが、私たちにはいざという時の備えとして貯蓄という選択肢があります。

 

貯蓄で備えることには保険にはない以下のようなメリットがあります。

 

 

貯蓄のメリット

  • 使わない限り減ることはなくいつでも手元に置いておける
  • 入院費だけでなく、子供の学費やリストラなどその他の急な出費、リスクにも備えることができる
  • 株式投資などの資産運用に回して利益をあげることができる

 

 

これらを考えれば、病気・入院の備えは「医療保険ですべて備える」よりも「なるべく貯蓄で備えて医療保険で補う」ほうが望ましいことがわかります。

 

 

医療保険は貯蓄や公的保険(健保、国保)だけでは足りない部分をカバーするためのもの 

 

 

そう考えることが保険料を支払いすぎる「保険貧乏」にならないための第一歩となります。

 

 

医療保険は「最低限&大事な保障」にしぼって考える

 

病気・入院には「貯蓄による備え」を中心に考えるのが望ましいのですが、貯蓄には「急で多額な出費に備えきれないケースがある」というデメリットもあります。

 

そのぶんをカバーするために利用したいのが医療保険です。病気・入院による家計への影響には以下のものがあります。

 

  • 収入の減少
  • 医療費
  • 差額ベッド代
  • 家族の交通費
  • 雑費

 

このうち「最低限&大事な保障」だけにしぼって医療保険で備えると考えることで保険料を安く抑えることが可能となります。

 

当サイトではその「最低限&大事な保障」に入院費用なら医療費差額ベッド代、病気ならがんを考えています。

 

どれも高い確率で必要となり得るものだからです。

 

そして、それらの保障に答えるいち押しの医療保険として「ローコストでがんに強い」オリックス生命の「新キュア」の日額5000円、がん特約つきプランをすすめています。

 

参照記事
ローコストでがんに強い!人気医療保険「新キュア」の強みとは

 

払う?払わない?悩ましい差額ベッド代への「現実的」な考え方とは

 

5000円?10000円?入院日額の具体的な考え方とは

 

 

まずは「医療保険」で備え、将来的に「貯蓄」を加えて万全に

 

医療費への備えは、勤労期に100万円、老後に200万円がひとつの目安とされています。夫婦で考えるなら×2で200万円、400万円となります。

 

30代のうちはまず「最低限の保障」を医療保険によって確保しつつ、将来的には400万円程度の貯蓄を準備することで病気・入院への備えを万全にしていく。

 

 

医療保険+貯蓄
 
 
こう考えることにより、ローコストで確かな保障、安心を確保していくことが可能となります。

 

 

教えてさん主婦

 

 

 

まとめ:「医療保険+貯蓄」と考えることにより、確かな安心をローコストで手に入れることが可能となります。

 

「そもそも医療保険やがん保険って何?」「それぞれの必要性や選び分けのコツは?」などまずイチから知りたいという方は、先に以下のページからご覧ください。


イチから学ぶ!医療保険とがん保険の違いと必要性、選びわけについて

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング