がんに最も手厚い保障を持つSUREワイド(ソニー損保)の特徴とメリット、デメリットについて

B+評価:がん保障に重点!SUREワイド(ソニー損保)評判レビュー

2018年6月更新:がん保障に重点!「SUREワイド」評価レビュー

SUREワイド ヘッダー

 

 

がんを重点保障!

 

 

自動車保険でも有名なソニー損保から発売されている終身医療保険「SURE」。

 

「ガン重点型」のコンセプトで、がん保障に力を入れた保障内容が特徴的です。

 

「SURE」には2種類のおすすめプランがありますが、そのうちより手厚い保障を得られるのが「SUREワイド」です。

 

他社商品と比較して保険料は高めとなりますが、がんへの備えを十分にしたい方にとっては検討する価値のある保険と言えます。

 

当サイトでもB+評価と平均以上のランキングづけとしています。

 

では、SUREワイドを他の医療保険と比較して見えてくるメリット、デメリットはどこにあるのでしょうか?

 

以下に解説します。

 

(最終更新日:2018年6月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも医療保険って必要?どんな仕組み?」「がん保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、医療保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


必要性&選び分けは?医療保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

公式サイト

 

 

まず、主な保障内容は以下のようになっています。

 

 

SUREワイド(ソニー損保)の加入例
公式
  • 月額保険料:3387円
  • 入院給付金日額:5000円(がんは日額10000円に増額)
  • 1入院限度日数:120日(がんは日数無制限)
  • 手術給付金:種類により5万円(がんは20万円)
  • 先進医療保障:技術料と同額を通算2000万円まで
  • がん診断給付金:100万円
  • がん放射線治療:1回につき20万円

 

※30歳男性/日額5000円/終身払いで計算

 

 

「SURE」は、手厚い保障を重視した「SUREワイド」と、保険料の安さを重視した「SUREベーシック」の2つのプランがあります。

 

「SUREベーシック」の評価レビューはこちら↓
安さ重視!SUREベーシック評価レビュー

 

 

当サイトでは、医療保険に必要な条件を「がん入院日数無制限」「がん一時金50万円」「先進医療保障」としており、上記の加入例はそれらを組み込んだものとしています。

 

参照
がん保障重視!医療保険の選び方で必要な3つの条件とは?

 

 

「SUREワイド」の場合、設定できるがん一時金は100万円、一入院限度日数は120日と最初から多めに設定されています。

 

ただ、保険料が2000円台前半の商品が現在の医療保険の主流となっている中、「SUREワイド」は3000円台となっており、他の医療保険と比較するとやや高めとなっています。

 

しかし、がんに対しては入院保障や手術保障が大幅に手厚くなるため、コストパフォーマンスとしては決して悪くありません。

 

「SUREワイド」の全体的な印象としては、がん保障を特に手厚くした医療保険と言えます。

 

 

ナンバーワン医療保険「新キュア」との比較

新キュア公式サイト

 

保険の良し悪しを知るには他の商品との比較が欠かせません。

 

そこで、当サイトで現在ナンバーワン評価となっている「新キュア(オリックス生命)」との比較、主な違いを以下に示します。

 

それぞれ、より優れているポイントを色付けしています。

 

 

<SUREワイドと新キュアの主な保障内容の比較>

  SUREワイド 新キュア
保険料 3387円 2312円
手術給付金 種類に応じて5〜20万円 一律10万円 外来で2.5万円
がんを含む七大生活習慣病の保障日数 がんのみ日数無制限で日額が10000円に増額される(消化器系のがんだと15000円)。その他は120日 がん、心疾患、脳血管疾患は日数無制限。その他の入院は60日→120日に延長される
がん診断一時金 100万円(2年に1度を限度として診断確定の時点で給付) 50万円(1年に一度を限度とする。2回目以降は入院の時点で給付)
がん放射線治療 1回につき20万円 保障なし
先進医療保障 2000万円まで 2000万円まで

※当サイト加入例で比較

 

参照
安い&がんに強いおすすめ医療保険!新キュア評判レビュー

 

 

がん保障が手厚い!

 

まず何といっても「SUREワイド」のメリットとして挙げられるのが、がん保障の手厚さです。

 

がんによる入院が保障日数無制限である点は「新キュア」も同じですが、「SUREワイド」の場合、入院1日あたりで支給される金額が5000円から10000円(2倍)に増額されます。

 

そして、がん保障で最も重要である「がん一時金」については100万円が設定されており2回目以降も診断確定の時点で支払われます(新キュアは「入院」が2回目以降の給付条件)。

 

さらに放射線治療も先進医療も保障され、総合的に見て医療保険によるがん保障としては医療保険全体の中でもトップクラスです。

 

がん以外の入院保障でも有利

 

がん以外の入院保障について比較すると、すべてが120日保障である「SUREワイド」に対して「新キュア」は60日保障を基本として三大疾病を無制限、その他の七大生活習慣病を120日保障としています。

 

 

<入院保障日数の比較>

  SUREワイド 新キュア
がん 無制限で入院日額が10000円に増額される(消化器系のがんなら15000円に増額) 無制限
心疾患 120日 無制限
脳血管疾患 120日 無制限
糖尿病 120日 120日
高血圧疾患 120日 120日
肝疾患 120日 120日
腎疾患 120日 120日
その他のケガ、病気 120日 60日

 

参照
安い&がんに強いおすすめ医療保険!新キュア評判レビュー

 

 

「新キュア」は心疾患と脳血管疾患の保障で優れているものの、すべての種類の入院で4ヶ月保障される「SUREワイド」のほうが総合的に見るとより優れており、入院保障についても「SUREワイド」のほうがより手厚い内容と評価することができます。

 

 

保険料は1000円近く高くなる

 

一方で「新キュア」と比較した場合に「SUREワイド」のデメリットとなるのが保険料の高さです。

 

「SUREワイド」のほうが1000円近く高い保険料となっており、「ローコスト」を重視している場合にはこの点がどうしても気になるところです。

 

「新キュア」はがん保障や入院保障の手厚さで「SUREワイド」にやや劣るものの、「入院の9割は60日以内に退院する」「がん治療費の平均は5年で50〜100万円」というデータや貯蓄も合わせて備えることを考えれば十分な保障内容です。

 

参照
保険貧乏にならないために:保険+貯蓄で賢く安心をつくりだそう

 

 

つまり、両方の保険を選び分けるポイントは以下のようになります。

 

  • ローコストで最低限必要な保障を得たい → 「新キュア」
  • 保険料高めでもがんを中心に手厚く備えたい → 「SUREワイド」

 

 

同じく手厚い保障を持つ「終身医療保険フレキシィS」との比較

新終身医療保険公式サイト

 

「がんを中心に手厚い保障」が特徴の「SUREワイド」ですが、同じく「手厚い保障」に強みを持つ優良医療保険としてはメットライフ生命の「終身医療保険フレキシィS」もありますのでこちらも比較して選び分けのポイントを挙げます。

 

 

  SUREワイド フレキシィS
保険料 3387円 2962円
手術給付金 5万円 がんなら20万円 一律5万円 外来で2.5万円
がんを含む七大生活習慣病の保障日数 がんのみ日数無制限で日額が10000円に増額される。その他は120日 七大生活習慣病で無制限
がん一時金 100万円(2年に一度を限度として診断確定の時点で給付) 50万円(1年に1回で通算5度まで。心疾患、脳血管疾患でも支払われる)
がん放射線治療 1回につき20万円 1回につき10万円
先進医療保障 2000万円まで 2000万円まで
セカンドオピニオンサービス(T-PEC社) なし あり

 

参照
手厚い保障&ティーペック!「フレキシィS」評価レビュー

 

 

がん保障が手厚い→「SUREワイド」 七大疾病に手厚い→「フレキシィS」

 

「SUREワイド」と「フレキシィS」を比較してみると、保険料や手術給付金、先進医療保障に大きな差はないものの、「がん保障」「七大疾病の保障」にそれぞれの強み、メリットが表れています。

 

「SUREワイド」のがん保障の充実度は先述した通りです。

 

一方、「フレキシィS」はがんのみならず七大疾病すべてで入院保障日数が無制限となり、一時金についてもがんのみならず心疾患、脳血管疾患を含めた三大疾病が給付対象となります。

 

また、「フレキシィS」を販売するメットライフ生命はティーペック(T-PEC)社との提携により健康相談&セカンドオピニオンサービスを付帯サービスとして無料提供しています。

 

ティーペック社は、医療の専門家を中心に組織された健康相談、セカンドオピニオンサービス専門の会社でこれまで1400万軒以上の豊富な相談実績を持っています。

 

 

ティーペック公式サイト

 

 

例えば私たちが病気による治療方針を医師に説明されて専門家である第三者からのセカンドオピニオンが欲しい時、より専門的な治療機関を探したい時、家族の健康相談にのってもらいたい時などにプロの医療従事者に24時間365日対応してもらうことができるという大変心強いサービスです。

 

参照
メットライフ社による健康相談サービスの紹介

 

 

つまり、「SUREワイド」も「フレキシィS」も手厚い保障が強みですが

 

  • がん保障に特化した手厚い保障 → 「SUREワイド」
  • 七大疾病に手厚い保障&健康相談サービス → 「フレキシィS」

 

こうした選び分けが成り立ちます。

 

 

総評&どんな人が「SUREワイド」を選ぶべき?

 

当サイトでは「ローコストでより大きな安心」を医療保険選びのコンセプトとしているために、やや割高な「SUREワイド」をB+評価と少し低めの評価としています。

 

しかしこれは重視するポイントの違いからくるものであって、「SUREワイド」の保障内容やコストパフォーマンスが劣っているというわけではありません。

 

特に医療保険によるがん保障としては「SUREワイド」はトップクラスの内容ですので「多少高めの保険料でも良いからがんになるべく手厚く備えたい」という希望を持っている方ならぜひ検討してみたいところです。

 

その際は割高となる保険料がネックとなりますので、保険料を実際に算出してみて、ご自身の収入とのバランスも踏まえながら判断されることをおすすめします。

 

それぞれの医療保険には独自の特徴がありますので、ぜひ当サイトのその他の医療保険の評価レビューもご参照されることをおすすめします。

 

「そもそも医療保険って必要?どんな仕組み?」「がん保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、医療保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


必要性&選び分けは?医療保険おすすめ比較ランキング2018


 

SUREワイドの評価:B+ 

 

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング