うつ、精神疾患に本当に強いのか?終身医療保険プレミアム(チューリッヒ声明)の比較・検討レブー

うつ、精神疾患にベストではない!終身医療保険プレミアム比較評価レビュー

 

 

https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=76817S-S228567v&p=h327150Y

 

 

 

気軽に無料相談!最寄りの保険ショップをかんたん検索&予約

保険ショップ

 

各社の保険商品をまとめて取り扱い、気軽に無料相談できることで人気と注目を集めているのが来店型の保険ショップです。

 

「Lifull保険相談」なら、全国1200店以上の保険ショップからあなたの身近な店舗がすぐ見つかり、最短30秒でネットから来店予約が可能です。

 

「保険はよくわからないから、とりあえず対面で話だけ聞いてみたい」とお考えの方にぴったりのサービスです。

 

 

保険ショップの強みとは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そもそもがん保険って必要?どんな仕組み?」「医療保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、がん保険についてまずイチから知りたいという方は以下のページからご覧ください。

 

がん保険の必要性&選び分けは?がん保険おすすめ比較ランキング2017

 

 

 

 

「終身保険プレミアム」は新商品「終身保険プレミアムDX(デラックス)」の発売にあわせて2015年6月30日に新規申し込みを終了しています。加入を検討されている方はぜひ「終身保険プレミアムDX(デラックス)」の評価レビューをご参照ください。

 

参照
入院強化も新キュアに及ばず 終身医療保険プレミアムDX評判レビュー

 

 

D評価:本当にうつに強い?「終身保険プレミアム」の比較評価レビュー

終身保険プレミアム公式ページ

 

「外資系で自動車保険が有名な会社」というイメージの強いチューリッヒから出ている終身医療保険「終身医療保険プレミアム」

 

この保険の最も大きな特徴、メリットは、うつや精神疾患で入院した際に入院保障日数が60日から365日に延長するという「ストレス性疾病延長入院給付金」にあります。

 

精神患による平均入院日数は他のケガや病気に比べて著しく高いものがあり(平均在院日数296日)、うつ病による休職や入院が増えていると言われる近年では心強いものにも見えます。

 

では、本当にうつや精神疾患に備えるものとしてこの保険はベストな選択肢なのでしょうか?他の医療保険と比較するとどうなのでしょうか?

 

結論から言うと、精神疾患を含む長期入院の保障としては「終身医療保険プレミアム」よりも優れたプランがあり、この保険を選ぶ積極的な理由が存在しないため、当サイトではD評価と低いランクづけとなっています。

 

以下にその理由を他の保険と比較しながら解説します。

スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

 

まず、主な保障内容は以下のようになります。

 

終身医療保険プレミアム(チューリッヒ生命)
終身医療保険プレミアム公式ページ
  • 月額保険料:2879円
  • 入院給付金日額:5000円
  • 1入院限度日数:60日(精神疾患による入院なら365日に延長)
  • 手術給付金:入院10万円 外来5万円
  • 先進医療保障:通算2000万円まで
  • がん診断給付金:なし
  • 3大疾病保険料払込免除あり

 

※30歳男性 掛け捨て終身払いで計算

 

当サイトでは、医療保険に必要な条件を「がん診断一時金50万円」「がん入院日数無制限」「先進医療保障」としており、上記の保障内容は基本プランに「先進医療特約」のオプションを加えたものとなっています。

 

三大疾病や七大生活習慣病の入院保障延長が60日型医療保険のスタンダードとなりつつあるなか、「終身医療保険プレミアム」にはそれがなく、代わりにうつなどの精神疾患で入院した際に保障日数が365日に延長されるのが特徴です(ストレス性疾病延長入院給付金)。

 

三大疾病(悪性がん、急性心筋梗塞、脳卒中)になったらその後の保険料支払いが免除されるのも特徴的で、先進医療保障が2000万円まで保障されますが保険料はやや高めの設定となっています。

 

 

ナンバーワン医療保険「新キュア」との比較から見えてくるものとは?

新キュア公式サイト

 

当サイトでは「ローコストでより大きな安心」をテーマとして、医療保険に最も重要で必要な条件を「がん入院日数無制限保障」「がん診断一時金50万円」「先進医療保障」としており、その観点から見てオリックス生命の医療保険「新キュア」を一番に評価しています。

 

参照
安い&がんに強い!人気医療保険「新キュア」の3つの強みとは
なぜ医療保険はがんと先進医療保障を重視すべきなのか?(編集中)

 

以下、「終身医療保険プレミアム」と「新キュア」のそれぞれの保険料や保障内容を比較しながら評価していきます(より優れているポイントを色付けしています)。

 

<終身医療保険プレミアムと新キュアの主な保障内容の比較>

  終身医療保険プレミアム 新キュア
保険料/月 2879円 2127円
手術給付金 種類に応じて10万円 外来で5万円 一律10万円 外来で2.5万円
がんを含む七大生活習慣病の入院保障日数 60日 がん、心疾患、脳血管疾患は保障日数無制限。その他の七大生活習慣病による入院は60日→120日に延長される
がん診断一時金 なし 50万円(2年に一度を限度とする。2回目以降は入院の時点で給付)
先進医療保障 2000万円まで 2000万円まで
精神疾患による入院保障日数 365日 60日
3大疾病保険料払込免除 あり なし

※保険料は30才男性 終身払いで比較
※「新キュア」はオプションとして「がん診断給付金50万円」を付加

 

保険料、がん保障で劣る

まず保険料は業界トップクラスの安さを誇る「新キュア」が大幅に安くなっています。手術給付金と先進医療保障にほぼ差はないものの、がん保障で最も大きな意味を持つ「がん診断一時金」が「終身医療保険プレミアム」には存在せず、以下に述べるように、がん入院の保障と合わせても総合的にがん保障の弱さが目立ちます。

 

参照
なぜ、医療保険のがん保障は「がん診断一時金」が最も重要なのか?(編集中)

 

「広い入院保障」vs「精神疾患による入院保障」

一方、入院保障日数で比較すると「新キュア」が三大疾病で保障日数無制限、その他の七大生活習慣病で60日→120日に延長とされるのに対して「終身医療保険プレミアム」では、精神疾患の入院のみに対して入院保障日数を60日→365日に延長とされており、手厚く保障するポイントが明確に分かれています。

 

<入院保障日数の比較>

  終身医療保険プレミアム 新キュア
がん 60日 無制限
心疾患 60日 無制限
脳血管疾患 60日 無制限
糖尿病 60日 120日
高血圧疾患 60日 120日
肝疾患 60日 120日
腎疾患 60日 120日
ストレス性疾患 365日 60日
その他のケガ、病気 60日 60日

 

  • 三大疾病を中心に広い入院保障を持つ「新キュア」
  • うつなどの精神疾患による入院に特化した「終身医療保険プレミアム」

 

という分け方ができ、どちらを重視するかで選び分けをすれば良いようにも見えます。

 

終身医療保険プレミアムの「ストレス性疾病延長入院給付金」の給付基準

所定のストレス性疾病とは統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害/気分[感情]障害/神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害/摂食障害/非器質性睡眠障害/胃潰瘍/十二指腸潰瘍/潰瘍性大腸炎/過敏性腸症候群/更年期障害をいいます。(公式サイトより引用)

 

 

うつ、精神疾患の長期入院に備えるなら「楽天ロング」がより優れている

楽天ロング公式ページ

 

ただし、このストレス性疾病延長入院給付金を理由に「終身医療保険プレミアム」を「最も精神疾患に強い医療保険」と評価することはできません。

 

なぜなら精神疾患を含め長期入院への備えにはより優れた医療保険プランが存在するからです。それが楽天生命から出ている業界唯一の60日超保険「楽天ロング」です。

 

楽天ロング(楽天生命)
楽天ロング公式ページ
  • 月額保険料:795円
  • 入院給付金日額:5000円(入院61日目から)
  • 1回の入院、通算ともに1095日までを保障(60日超入院給付金)
  • 手術給付金:なし
  • 先進医療保障:なし

 

※30歳男性 掛け捨て終身払いで計算

 

 

ほとんどの医療保険が入院初日から60日目や120日目までを保障するように設計されているなか、「楽天ロング」は入院60日目までは保障せず、入院61日目から1095日間(3年間)の入院を保障する長期入院のみに特化した医療保険です。

 

 

楽天ロングの保障範囲

 

 

入院61日目からの保障のみに限定していて手術給付金などその他の保障が存在しないぶん、保険料が大幅に安くなっていることも特徴です。

 

<楽天ロングの年齢別保険料>

20才 30才 40才
575円 795円 1135円

※入院日額5000円で計算

 

「楽天ロング」の活用法としては、まず単独で加入して「短期入院は貯蓄のみで備え、家計に大きな負担となる長期入院の入院費用だけ保険で備える」という方法があります。

 

もうひとつは「60日型医療保険と組み合わせて入院初日から約3年間の入院保障を確保する」という方法です。

 

 

楽天ロング+新キュアの三大疾病入院保障

 

 

たとえば「新キュア」と「楽天ロング」を組み合わせて「終身医療保険プレミアム」と比較すると以下のようになります。

 

<終身医療保険プレミアムと新キュア+楽天ロングの主な保障内容の比較>

  終身医療保険プレミアム 新キュア+楽天ロング
保険料/月 2879円 2922円(2127円+795円)
手術給付金 種類に応じて10万円 外来で5万円 一律10万円 外来で2.5万円
入院保障日数 入院初日から60日(精神疾患による入院なら365日に延長) 入院初日から1155日(がん、心疾患、脳血管疾患による入院なら保障日数無制限)
がん診断一時金 なし 50万円(2年に一度を限度とする。2回目以降は入院の時点で給付)
先進医療保障 2000万円まで 2000万円まで
3大疾病保険料払込免除 あり なし

※保険料は30才男性 終身払いで比較
※「新キュア」はオプションとして「がん診断給付金50万円」を付加

 

保険料はほぼ同額ながら、入院保障日数は「新キュア」の「入院初日から60日」と「楽天ロング」の「入院61日目から1095日間」を組み合わせるため、入院初日から1155日(60日+1095日)まで入院保障日額5000円が給付されることとなり、しかもすべての病気・ケガによる入院が対象です。

 

さらに、「新キュア」は三大疾病なら入院保障日数が無制限なので、三大疾病で61日以上入院した際には「新キュア」と「楽天ロング」の両方から入院日額5000円が給付されて、合計で入院日額は10000円にアップします。

 

 

楽天ロング+新キュアの三大疾病入院保障

 

 

つまり、精神疾患を含め長期入院にしっかり備えたいなら「終身医療保険プレミアム」よりもすべてのケガ、病気で3年以上の入院保障が得られる「新キュア+楽天ロング」のほうが大幅に優れているのです。

 

 

3大疾病保険料払込免除は優れているが、別の医療保険でも利用可能

新・健康のお守り公式ページ

 

精神疾患による長期入院以外の「終身医療保険プレミアム」のメリットとしては、悪性がん、急性心筋梗塞、脳卒中になった際に、それ以降の保険料支払いが免除される「3大疾病保険料払込免除」が挙げられます。

 

これは確かに優れた保障なのですが、ここまで述べたように保障内容全体を見ると「新キュア」や「新キュア+楽天ロング」のほうが明らかに優れているため、これだけをもって「終身医療保険プレミアム」を選ぶ理由とはなり得ません。

 

どうしても3大疾病保険料払込免除が欲しいと思われるなら、「新キュア」とほぼ近い保障内容で高い評価を得ており、三大疾病による支払い免除をオプションとしてつけられる「新・健康のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)」をおすすめします。

 

参照
新・健康のお守りの比較・評判レビュー:だんだん割などの評価は?

 

 

総評&どんな人が「終身医療保険プレミアム」を選ぶべき?

 

うつなどの精神疾患による入院を手厚く保障していることを最大のメリットとしている「終身医療保険プレミアム」ですが、長期入院への保障に重点を置くなら「新キュア+楽天ロング」のほうが断然優れています。

 

「ローコストでより大きな安心」を基準に考えるなら、「新キュア」や「新・健康のお守り」のほうがより優れた保障内容となっており、がん保障の弱さというデメリットも目立つこの保険は基本的におすすめすることはできません。

 

「終身医療保険プレミアム」への加入を検討されているという方はぜひ当サイトにて高評価している他の医療保険商品のレビューもご参照されることをおすすめします。

 

「ローコスト&大きな保障」で徹底比較!医療保険ランキング

 

なぜ人気?今、広まる「保険ショップ」を利用する4つのメリットとは


かんたん&便利!気になる保険の一括資料請求(無料)

 

終身医療保険プレミアムの総合評価:D

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング