終身医療保険フレキシィ(メットライフ生命)の特徴と強みについて

B+評価:フレキシィS(メットライフ)評判レビュー:手厚い医療保障が強み!

2018年6月更新:「終身医療保険フレキシィS」評価レビュー

フレキシィ ヘッダー

 

 

手厚い保障に強みあり!

 

 

「終身医療保険フレキシィS」(以下、フレキシィSと表記)はメットライフ生命から発売されている終身医療保険でイメージキャラクターのスヌーピーが印象的です。

 

メットライフ生命はアメリカ最大の生命保険会社「メットライフ社」を親会社に持ち、日本で一番最初に営業を開始した外資系保険会社としても有名です。

 

その「フレキシィS」は、保険料がやや高めながらも手厚い保障が得られる点に特徴があります。

 

当サイトでは平均以上のB+評価とランキングづけしています。

 

そのメリットとデメリット、他の医療保険と比較してわかる違いについて以下に解説します。

 

(最終更新:2018年6月)

 

 

近所の保険ショップで気軽に無料相談!かんたん検索&予約はこちらから

 

 

「そもそも医療保険って必要?どんな仕組み?」「がん保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、医療保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


必要性&選び分けは?医療保険おすすめ比較ランキング2018


スポンサーリンク

 

 

主な保障内容

フレキシィ公式サイト

 

 

まず、「フレキシィS」の主な保障内容と保険料は以下のようになります。

 

 

終身医療保険フレキシィS(メットライフ生命)の加入例
メットライフ生命「フレキシィ」公式サイト
  • 月額保険料:2,962円
  • 入院給付金日額:5,000円
  • 1入院限度日数:60日(七大生活習慣病なら無制限に延長)
  • 手術給付金:入院10万円 外来2.5万円
  • 先進医療保障:技術料と同額を通算2000万円まで+一時金5万円
  • 特定疾病給付金(がん、心疾患、脳血管疾患):50万円

 

※30歳男性/入院日額5000円/終身払い 「七大疾病での入院保障延長」「先進医療」「特定疾病の一時金保障」の3特約を付加して計算

 

 

当サイトでは、医療保険に必要な条件を「がん入院日数無制限」「がん一時金50万円」「先進医療保障」としており、上記の加入例はそれらを組み込んだものとしています。

 

参照
がん保障重視!医療保険の選び方で必要な3つの条件とは?

 

 

「フレキシィS」は近年、医療保険のスタンダードになりつつある「がん入院日数無制限保障」や「先進医療保障」「公的手術1000種類対応」がしっかりとつけられる一方で、保険料が3,000円近くとやや高めになっています。

 

他の医療保険と比較すると、やや高めながら保障は手厚いという商品です。

 

ちなみに公式サイトでは、健康に過ごせば5年毎に10万円の祝金が受け取れたり(健康祝金)、日帰り入院でも一律10万円の入院給付金が受け取れること(短期入院定額保障)を「フレキシィS」のアピールポイントとしています。

 

しかしこれらの保障は特約(オプション)となるため、付け加えれば保険料も値上がりするので、必要性は薄いと言わざるを得ません。

 

 

ナンバーワン医療保険「新キュア」との比較

新キュア公式サイト

 

保険の良し悪しを知るには他の商品との比較が欠かせません。

 

そこで、当サイトで現在ナンバーワン評価となっている「新キュア(オリックス生命)」との比較、主な違いを以下に示します。

 

それぞれ、より優れているポイントを色付けしています。

 

 

  フレキシィS 新キュア
保険料 2,962円 2,312円
手術給付金 一律10万円 外来で2.5万円 一律10万円 外来で2.5万円
がんを含む七大生活習慣病の保障日数 無制限 がん、心疾患、脳血管疾患は無制限、その他は60日→120日に延長
がん一時金 50万円(1年に1回で通算5度まで。心疾患、脳血管疾患でも支払われる) 50万円(1年に1回。2回目以降は入院の時点で給付)
先進医療保障 技術料と同額を2000万円まで+一時金5万円 技術料と同額を2000万円まで

※当サイト加入例で比較

 

参照
安い&がんに強いおすすめ医療保険!新キュア評判レビュー

 

 

入院保障(七大疾病無制限)で上回る

 

まず「フレキシィS」の優れているポイントとしては入院保障日数が挙げられます。

 

「新キュア」が三大疾病で無制限、その他の七大生活習慣病で60日→120日に延長されるのに対して、「フレキシィS」は三大疾病を含む七大生活習慣病すべてで入院保障日数が無制限となります。

 

 

<入院保障日数の比較>

  フレキシィS 新キュア
がん 無制限 無制限
心疾患 無制限 無制限
脳血管疾患 無制限 無制限
糖尿病 無制限 120日
高血圧疾患 無制限 120日
肝疾患 無制限 120日
腎疾患 無制限 120日
その他のケガ、病気 60日 60日

 

がん一時金で上回る

 

がん治療が通院主体になりつつある現在、がん保障で最も大きな意味を持つのががんと診断された時点でまとまった金額が支払われるがん一時金です。

 

この点について、「新キュア」が「がん診断治療給付金特約」にて50万円が支払われるのに対して、「フレキシィS」の場合は「特定疾病一時金保障」という特約なので、がんのみではなく三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)と診断されたら50万円が支払われます。

 

支払いの基準も1年に1回を限度として短めなうえに、2回目以降の支払い条件も「治療を開始した時点」となっており、「入院」を条件とする「新キュア」を上回ります。

 

ちなみに「フレキシィS」は一時金の支払い回数について5回を限度としていますが、5回以上も三大疾病の診断を受けることは稀ですのでここは大きなマイナスとは言えません。

 

 

<がん診断一時金の保障範囲と限度回数>

  フレキシィS 新キュア
がん 50万円 50万円
心疾患 50万円 支払われない
脳血管疾患 50万円 支払われない
支払い限度と回数 1年に1回を限度として最大5回まで。2回目以降は治療開始の時点で支払われる 1年に1回を限度として回数は無制限。2回目以降の支払いは入院を条件とする。

 

 

保険料は割高となる

 

一方、保険料は「新キュア」の2312円に対して「フレキシィS」が2962円と割高となっており、当サイトの「ローコストで必要な安心を手に入れる」というコンセプトから見るとこの点はデメリットとなります。

 

「新キュア」の保障内容は「フレキシィS」にやや劣るものの、「入院の9割は60日以内に退院する」「がんの治療費は5年平均で50〜100万円」というデータや、貯蓄も組み合わせて対応していくことを考えれば十分な内容と言えます。

 

つまり

 

  • 「新キュア」=ローコストで必要なポイントを抑えた保険
  • 「フレキシィS」=割高ながらより手厚い保障が手に入る保険

 

とそれぞれ評価することができます。

 

 

「T-PEC(ティーペック)」の健康相談サービスに強みあり

ティーペック公式サイト

 

保険料や保障内容以外に「フレキシィS」の特徴として挙げておきたいのが、商品付帯サービスとして利用できるティーペック(T-PEC)社による健康相談&セカンドオピニオンサービスです。

 

ティーペック社は、医学会において権威ある医師陣を中心に組織された健康相談、セカンドオピニオンサービス専門の会社で豊富な相談実績を持っています。

 

例えば病気の治療方針についてセカンドオピニオンが欲しい時、より専門的な治療機関を探したい時、家族の健康相談にのってもらいたい時などにプロの医療従事者に24時間365日対応してもらうことができるという大変心強いサービスです。

 

通常、ティーペック社のサービスを個人で利用するには入会金52,500円、月会費10,500円が必要となるのですが、メットライフ社はティーペック社と提携しているので「フレキシィS」に加入した場合は無料で利用することが可能となります。

 

子育て世帯や健康に不安のある方にとっては心強いサービスと言えるでしょう(ちなみに「新キュア」も同じサービスを提供しています)。

 

 

総評&どんな人が「フレキシィS」を選ぶべき?

 

当サイトでは医療保険の評価ポイントとして「ローコストで大きな安心」を最も重視しているので、保険料がやや割高となる「フレキシィS」は平均より少し高い程度のB+評価としていす。

 

ただし約3000円で得られる保障としてはコストパフォーマンスに優れていると評価できます。

 

多少割高でもより手厚い保障が欲しいと考える方がこの保険を選ぶ対象となります。

 

それぞれの医療保険には独自の特徴がありますので、ぜひ当サイトのその他の医療保険の評価レビューもご参照されることをおすすめします。

 

「そもそも医療保険って必要?どんな仕組み?」「がん保険とどう選び分けるの?」「今のおすすめ商品は?」など、医療保険についてまずイチから知りたいという方は先に以下のページからご覧ください。


必要性&選び分けは?医療保険おすすめ比較ランキング2018


 

フレキシィの評価:B+

 

スポンサーリンク




「保険ショップ」で気軽に無料相談!

保険相談 ヘッダー



20〜30社の保険商品をまとめて扱い、気軽に無料相談ができることで人気の保険ショップ


しつこい営業をされない来店型なので、「まずは少しだけ相談したい」場合には最寄りの保険ショップで無料相談から始めるのがおすすめです。


保険ショップ検索サービスの最大手「保険相談ニアエル」なら、全国1200店舗から近所の保険ショップをかんたん検索&ネット予約ができて便利です。



↓保険ショップの検索&予約はこちらから↓
マネモ




カテゴリ一覧


ホーム 目次 医療保険ランキング がん保険ランキング